制限が少なく自由度の高い働き方が出来る派遣の仕事

そうだ!夜勤の派遣で働こう

派遣の夜勤ってどんな仕事?正社員、契約社員以外にも、派遣という選択肢があります。以前は働き口がなかった時に選ばれていた派遣ですが、今は様々な職種の経験ができる、時間の都合がつきやすいなどで選ぶ人が増えています。夜勤の派遣は特におすすめです。

特集カテゴリ一覧

おすすめ記事

夜勤明けのリフレッシュ法 夜勤明けのリフレッシュ法
実は自由度が高い派遣

実は自由度が高い派遣

Pocket
LINEで送る

派遣で働くことのメリット

派遣で働くという選択に迷いがある人もいると思います。正規に企業と雇用契約(直接雇用契約)を結ぶわけではないので、派遣で働くことにどこか良いイメージが持てない人もいると思いますが、ここでは派遣で働くことでどのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

収入面が良い

アルバイトに比べると派遣で得られる時給はとても魅力的でしょう。相場を見るとアルバイトに比べて派遣の時給は1.5〜2倍以上ありますから、同じ内容で仕事をするなら間違いなく派遣で働く方が高い賃金を得ることが期待出来ます。

働くことの入り口が狭くないこと

派遣で働くことで正社員よりも求められるスキルが低く設定されていますから、仕事に就きやすい、すぐに就業出来るメリットがあります。このことから正社員としては難しい企業でも派遣で働くなら可能ということが言えます。派遣として働き経験を積んで自分自身がスキルアップすることで正社員への転職を目指すといった方法も見えて来ますから、自分の目指すキャリアプランがある人には最適です。

すぐに働けるのが派遣の強み

正社員の就職をするなら気の遠くなるような手順や段階があります。就職活動を始めて一次面接、二次面接、面接が多い企業だと三次面接があるところもあります。厳しい企業では最初に筆記試験を採用しているところもあります。就職活動を始めてから実際に仕事に就き業務を開始することを考えるといつになるかわかりません。時間にゆとりのある人であればそれでも困りませんが、生活上すぐにでも仕事に就かなければならない人や、家事や育児のある女性には余裕のある就職活動は出来ませんから難しいでしょう。しかし派遣の仕事は当落が早ければ即日にでも決まります。転職活動のつなぎとしても利用出来ますし、スキルアップのために活用するには非常に良い手段でしょう。

紹介予定派遣でなくても正社員で雇用がある

紹介予定派遣は試用期間+正社員雇用ですから正社員になるなら有効です。しかし普通の派遣であっても、その人の能力や適性が企業と合っていれば社員雇用の声が掛かることもあります。実際にわずか3ヶ月派遣で働き、声が掛かる実例も多くあります。ですから長く続けて自分を正社員として売り込むことも可能です。

給料アップの交渉は派遣会社が行ってくれる

派遣で働いている場合、給与や時給アップの交渉は自身が行うものではありません。自分が登録をしている派遣会社の担当の人が企業と自分の間に入って交渉をしてくれます。もちろん交渉のプロフェッショナルが交渉してくれるわけですから、自分で直談判するより間違いなく給与や時給は上がりやすいでしょう。

辞めやすさもある

定められた一定期間で必ず更新をするか聞かれます。仕事が合わないと感じていたり、よりやりたい仕事や条件の良い仕事が見つかった際に更新をしないで辞めることが出来ます。

派遣の仕事に興味がある方におすすめ!