夜勤をするなら派遣の介護職

そうだ!夜勤の派遣で働こう

派遣の夜勤ってどんな仕事?正社員、契約社員以外にも、派遣という選択肢があります。以前は働き口がなかった時に選ばれていた派遣ですが、今は様々な職種の経験ができる、時間の都合がつきやすいなどで選ぶ人が増えています。夜勤の派遣は特におすすめです。

特集カテゴリ一覧

おすすめ記事

夜勤明けのリフレッシュ法 夜勤明けのリフレッシュ法
利用者の身の回りの世話をする介護職

利用者の身の回りの世話をする介護職

Pocket
LINEで送る

介護の仕事をご紹介します

介護の仕事の内容は様々あります。主に老人ホームなどの施設で利用者さん(お年寄り)の身の回りのお世話をすることが仕事です。仕事の内容は比較的簡単なものから専門的知識や技術が必要な高度なものまであります。施設によって仕事内容が変わることもあります。全ての利用者さんがその人らしい生活を送るためのサポートを目指します。基本的には無資格であっても仕事は出来ます。しかし、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上を条件にしている施設が多く、介護福祉士の資格があれば就職には有利です。

介護の仕事の働く場所

介護の仕事で実際に働く場所は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム、認知症グループホームなどの介護入所施設で、入所型の施設は24時間体制で介護にあたります。その他にはデイサービス、デイケアなど利用者さんが通う(日帰り)の施設や在宅利用も日帰り利用も宿泊もある小規模多機能施設もあります。

具体的な仕事内容

具体的な介護の仕事内容は、起床から着替えの介助が始まり、食事、おむつ交換、入浴の介助といった流れで分刻みのスケジュールで働きます。特別養護老人ホームなどの入所施設は24時間態勢ですから勤務は交代制で行われます。何でもやってあげるのではなく、あくまでも利用者さんが日常生活を送る上で、障害、病気、筋力の低下などにより自分だけでは出来ないことを援助することが介護の仕事です。日常生活の介助の他にはちぎり絵、書道といった趣味活動や、転倒予防体操などのお手伝いもします。夜は夜勤者が詰所で待機をして、トイレに行きたくなった時のお手伝いや、眠れない利用者さんなどに対応をします。

派遣で働くメリット

介護職を派遣で働くメリットは、お試しで働くことが出来ることです。自分がその職場に合うかどうかを確かめることが出来ます。また生活のリズムによっては日勤だけ、もしくは夜勤だけを希望される人もいると思います。そのような場合に派遣で働くと融通が利くことが多いです。また、今はまだスキルが足りないが、派遣で働きスキルアップして最終的に派遣先に就職するといったことも可能です。派遣だからこそ出来ることですね。派遣先と直接雇用を結ぶことを条件に働く紹介予定型派遣を利用する方法もあります。この場合は、試用期間のようなものだと考えていただければわかりやすいかと思います。企業側の派遣スタッフの能力を試すこともそうですが、職場に慣れてもらうという目的もあります。

派遣の仕事に興味がある方におすすめ!