有効な時間の使い方が出来るフロントスタッフの夜勤

そうだ!夜勤の派遣で働こう

派遣の夜勤ってどんな仕事?正社員、契約社員以外にも、派遣という選択肢があります。以前は働き口がなかった時に選ばれていた派遣ですが、今は様々な職種の経験ができる、時間の都合がつきやすいなどで選ぶ人が増えています。夜勤の派遣は特におすすめです。

特集カテゴリ一覧

おすすめ記事

夜勤明けのリフレッシュ法 夜勤明けのリフレッシュ法
ホテルの顔役のフロントスタッフ

ホテルの顔役のフロントスタッフ

Pocket
LINEで送る

ホテル業界の業務とは?

ホテルの業務はいくつかの部署に分かれています。所属する部署によって業務が異なるためシフトも様々にあります。ホテルの勤務形態は変形労働時間制を採用していることが多いです。変形労働時間制とは決められたルールの中で労働時間を自由に設定することが出来る勤務体系です。早番、遅番、夜勤などの時間帯別のシフト、忙しい曜日は長時間、逆にそうでない曜日は短時間など、日により働く時間の長さに変動があるのが変形労働時間制です。

フロント業務の勤務シフト

ホテルで働くフロント(宿泊部門)業務は主に3つのシフトで成り立ちます。早番は朝の9時から夕方18時まで、遅番は昼の14時から夜の22時半まで、夜勤は夜22時から翌朝8時までで、それぞれが引き継ぎを行い24時間体制でホテル業務を行います。これはあくまでも一例ですのでホテルにより異なります。

夜勤業務は体力的に辛い?

ホテルの夜勤業務は長時間勤務が多いですが、フロントバック(フロントの裏)で休憩や作業をしながら途中で仮眠も取ることが出来ます。ビジネスホテルの場合は夜勤勤務が長時間になることが多いですが、仕事の合間に自分の勉強をすることも出来ますから好まれる人も多いです。夜勤明けはそのまま休みで翌日も休みですから、休みの時間が長く感じることが出来ます。夜勤で働く場合でも色々なポジションがありそれぞれホテルによって違いがあります。

ナイトマネージャー

ナイトマネージャーとはホテル業務に置ける夜間の責任者です。夜間のフロントスタッフの責任者でもあり、小さい規模のホテルなら夜勤を中心としたスタッフのことです。ナイトマネージャーより上位の立場がデューティーマネージャーで、夜間は総支配人がいませんからデューティーマネージャーが総支配人の代行のような役割になります。

夜勤のシフトパターン

夜勤のシフトパターンはホテルにより違いますが、アルバイトのみのホテルもあれば、フロントスタッフのみや、アルバイトとの混合、フロントスタッフとナイトマネージャー、フロントスタッフとデューティーマネージャーといった組み合わせで働きます。

ホテルのタイプ

ビジネスホテル、シティホテル、リゾートホテルがあります。ビジネスホテルはフロントスタッフの業務範囲が広いので業務全般の経験が出来ます。シティホテルは規模が大小幅広くあり規模により勤務体系が違います。リゾートホテルは他のホテルとは業務が別物と考えて良いです。曜日季節によって大きく変動があり忙しいシーズンもあればオフシーズンもあります。

派遣の仕事に興味がある方におすすめ!