体をリフレッシュさせ夜勤への意欲を出そう

そうだ!夜勤の派遣で働こう

派遣の夜勤ってどんな仕事?正社員、契約社員以外にも、派遣という選択肢があります。以前は働き口がなかった時に選ばれていた派遣ですが、今は様々な職種の経験ができる、時間の都合がつきやすいなどで選ぶ人が増えています。夜勤の派遣は特におすすめです。

特集カテゴリ一覧

おすすめ記事

夜勤明けのリフレッシュ法 夜勤明けのリフレッシュ法
夜勤明けのリフレッシュ法

夜勤明けのリフレッシュ法

Pocket
LINEで送る

リフレッシュすること

人の体は日中に活動するように作られていますから、夜勤の仕事は肉体的に辛いでしょう。しかし夜勤をこなさなければならない状況もあります。夜勤生活と上手に付き合うためには夜勤明けのリフレッシュが大きな鍵です。どのようなリフレッシュの方法があるのかをご紹介したいと思います。

アロマでリフレッシュ

アロマの香りは疲れた神経をリラックスしてくれる効果があります。お香型は香りが室内に広がりますからおすすめです。キャンドル型のアロマを使って香りと炎を見つめることにより心を落ち着かせるキャンドルセラピーもおすすめです。気持ちの良い時間を過ごすことでリラックスしましょう。

ストレッチでリフレッシュ

ストレッチは疲れた体を癒すことはもちろん、体を動かすことで精神的なストレスの解消にも役立ちます。血流が良くなることで快適な睡眠をとることも出来ますから一石二鳥です。どのようなストレッチが効果的なのかご紹介します。椅子やソファ、またはベットでも構いませんので腰を掛けて膝を伸ばしてみましょう。寝ている時の体勢でも構いません。十分に効果を得るには筋が伸びていることを意識して行うことです。伸びている状態が実感出来て効果が高まります。

つま先立ちでリフレッシュ

脚の疲労の原因は関節や筋肉の虚弱化とアンバランスから起こります。バランスを正常に戻してあげることで疲労回復に繋がります。つま先立ちで立ってみましょう。ふらついてしまうのであれば壁や支えになるものに掴まっても構いません。椅子に座るなどして行っても効果はありますから自分の体力に合わせて無理のないように行って下さい。ふくらはぎに効果がありますが、立って行うことで太ももにも効果がありますから両方の疲れを取り除きたい場合は立った状態をおすすめします。片脚20秒を目安に2セット行って下さい。

エステでリフレッシュ

エステサロンでリフレッシュするのも良いでしょう。早朝から営業しているところもあり、夜勤明けでも行くことが出来ます。少し贅沢に思うかも知れませんが、頑張った自分へのご褒美です。仕事をするには体が資本ですから、時には疲れた日や給料日の後に自分を労ってあげることもまた仕事を頑張る上で必要なことでしょう。

お風呂でリフレッシュ

お風呂に入ることは疲労回復にも効果がありますし、過敏になった神経をリラックスさせる効果もあります。多少面倒でも湯船に浸かることをおすすめします。交感神経が刺激されて気分がリフレッシュされます。

派遣の仕事に興味がある方におすすめ!